http://www.jimin.katsushika.tokyo.jp
区議会報告
  1. Home
  2. 区議会報告記事 一覧
  3. 平成30年第4回定例会報告
  4. 自民党議員団による一般質問の要旨
平成30年定例会報告

平成30年第4回定例会での自民党議員団メンバーによる一般質問

後期実施計画でのサービス向上立石駅周辺の街づくりの進展を

1後期実施計画

問 :後期実施計画の策定に当たって、区の考え方や新たな課題への対応の方針等について伺う。

答 :基本計画で定めた11の重要プロジェクトを見直し、後期実施計画期間において重点的に取り組む14のプロジェクトを位置付け、災害対応力の強化や公共交通の充実など新たな行政課題に対応するとともに、産後ケア体制の整備など、時代のニーズに応じた21の新規事業を計画事業化する。

問 :区民サービスを最大限向上させていくために、どのような方向性で葛飾区区民サービス向上改革プログラムの策定を進めているのか伺う。

答 :経営改革の取り組みを不断に進めていくために、「業務改善の推進」・「利用しやすく質の高い区民サービスの提供」・「財政基盤の強化」の3つを柱として策定を進めている。

2子ども・若者育成支援

問 :子ども・若者育成支援について、これからどのように取り組むのか伺う。

答 :現在策定中の子ども・若者計画では、国等の動向を踏まえ、ライフステージ別の子ども・若者の健全育成と困難を有する子ども・若者を支援する施策を整理し、状況に応じたきめ細やかな切れ目のない支援を目指して、庁内においてはいわゆる横串を差すことに力点をおき、関係行政機関や民間団体も含めた地域全体での取り組みが一つの特徴である。このような力点や特徴を生かすべく、全力で取り組んでいく。

問 :民間と協働して子ども・若者育成支援に取り組むことが重要だと思うが、区の考えを伺う。

答 :子ども・若者が抱える多様で複合的な問題の解決には、子どもや若者を支援する団体や民間企業と一体となった取り組みが必要であり、区がつなぎ役となり、地域の団体や民間企業がサポートできる仕組みも検討していく。そのためにも、子ども・若者育成支援の事業や活動を広く周知し、共通の認識を持って、子ども・若者を支える仕組みづくりに努める。

1ドローンの活用

問 :今後、さらなるドローン活用に向けて、どのように取り組むのか伺う。

答 :災害対応や物資輸送、設備点検、観光振興など、いろいろな場面において活用できる。現在、総合防災訓練の空撮に活用しているが、今後、先進自治体の成果も注視し、活用の拡大を検討したいと考えている。

※他の質問項目 飛行運航条件

3歯科保健

問 :高齢者の歯科健診について、対象年齢や健診項目の追加など、どのように実施していくのか伺う。

答 :長寿歯科健康診査の対象に80歳を追加することを検討していく。現在改定中のかつしか健康実現プランでも、ライフステージに応じた歯科健康診査や歯科保健の普及啓発を充実させ、歯と口の健康づくりを推進していく。

問 :今後のたんぽぽ歯科診療所、ひまわり歯科診療所の設備環境の在り方について、区の考えを伺う。

答 :設備機器の更新や建物の改修等のメンテナンスを行っている。今後も、障害のある方や高齢者が快適に受診できるよう、環境整備に努める。

1立石駅周辺の街づくり

問 :連続立体交差事業について、今後の工程とスケジュールを伺う。

答 :事業認可期間である平成34年度末を完成目標としているが、用地取得に時間を要したことなどから、東京都及び京成電鉄とスケジュールの調整が必要であると認識している。引き続き、市街地再開発事業と連携し本事業を着実に推進していく。

問 :高架下の京成電鉄の活用部分について、京成電鉄へ本区の考えを申し伝えるべきと思うがどうか。

答 :地元の店舗が高架下に移転できるような方策の検討が必要であると考えている。また、自転車駐車場についても、優先的に整備をする必要があると認識している。このような区の考えはさまざまな機会を捉えて京成電鉄に伝え、協議を進めていく。

※他の質問項目 再開発地区の今後の工程とスケジュールなど

12教育

問 : さらなる学力向上のために、どのように取り組んでいくのか。また、葛飾スタンダードの取り組みと学校独自の取り組みをどのように組み合わせて進めていくのか区の考えを伺う。

答 : 学校独自の良い取り組みは、定例校園長会や管理職の夏季宿泊研修会の機会に情報共有を行い、各学校での取り組みの向上を図っている。葛飾スタンダードを一層徹底するとともに、学校の主体的な取り組みを支援し、学力向上を図る。

※他の質問項目 読書習慣確立など

13区役所窓口のサービス向上

問 : 遺族の方にわかりやすく届け出・書類作成・案内ができるお悔みコーナーなどの窓口設置について伺う。

答 : 手続きが円滑に進むよう工夫しているが、先行事例を参考に、本区においても個々の状況を聞き取って、必要な手続きを確認し、区役所以外の手続きも含めて総合的に案内できるようなサービスの実施を検討する。

※他の質問項目 建築事業者向け窓口のサービス向上

5区内の公園・児童遊園等の利用

問 : 公園でのボール遊びについて、区の今後の考え方を伺う。

答 : より身近な公園でのボール遊びの場の整備について取り組みを始めている。新たな公園の整備や改修などの機会を捉え、ハード・ソフト両面の対策について、地域の皆様と意見交換を行い、公園の規模に合わせた形でボール遊びができるよう検討する。

※他の質問項目 清掃・除草等の作業内容の工夫など





自由民主党 葛飾区議会 自由民主党議員団
〒124-0012 東京都葛飾区立石 5-13-1
電話番号 : 03-3695-1111(内線)2812
Eメール : info@jimin.katsushika.tokyo.jp