http://www.jimin.katsushika.tokyo.jp
区議会報告
  1. Home
  2. 区議会報告記事 一覧
  3. 平成29年第3回定例会報告
  4. 自民党議員団による一般質問の要旨
平成29年定例会報告

平成29年第3回定例会での 自民党議員団メンバーによる質問

峯岸 良至:地域力向上の取り組みと各種イベントのさらなる成果を

1第二期青木区政の成果

問 :駅周辺の街づくりをはじめ、各地域の街づくりについては、現時点で成果をどのように捉えているか伺う。

答 :街の利便性が高まり、良質な住環境が形成されるなど、さまざまな施策の着実な推進による成果だと考える。今後も住みたい、住み続けたいと思える街づくりに積極的に取り組む。

問 :超高齢社会を見据え、地域包括ケアシステムモデル事業における成果と今後の取り組みの方向性を伺う。

答 :医療・介護連携の基盤づくりや、地域住民が自ら担い手となる意識が高まるなどの成果が得られた。これらを生かし、本区の地域特性を生かした地域包括ケアシステムを推進する。

問 :町工場見本市、フードフェスタ、プレミアム付商品券発行助成などさまざまな産業振興策の成果を伺う。

答 :このさまざまな産業振興策は、確実に成果に結び付いている。今後もタイムリーな施策を打ち出しながら、区内産業のさらなる振興を図る。

問 :葛飾納涼花火大会、寅さんサミットなどのイベント、ゆかりのキャラクターを生かした観光づくり事業などの観光施策の成果を伺う。

答 :多くのテレビや新聞等報道にも取り上げられ、認知度の向上やイメージアップ、本区への来訪者増加につなげることができた。

問 :かつしか教育プラン2014に基づく学力・体力向上の取り組みの成果を伺う。

答 :かつしかっ子学習スタイル、葛飾教師の授業スタンダードに継続的に取り組み、チャレンジ検定にも全校で取り組んだ結果、全国学力・学習状況調査で小学校は上昇傾向にあり、中学校でも昨年度より改善している。体力についても体力テストで小中学校共に体力合計点が上昇傾向にある。

※他の質問項目密集住宅市街地整備促進事業の成果など地域

2地域力の向上

問 :協働をさらに推し進めるためにも、自治町会への加入促進の取り組みが必要と考えるが、区の見解を伺う。

答 :横浜市など同様の課題を抱える自治体を参考に、加入促進策に取り組む。

問 :自治町会の魅力向上の取り組みを行うべきと考えるが、区の見解を伺う。

答 :補助事業の有効な活用方法など、役立つ助言を心がけ、積極的に支援策に取り組み、魅力向上を目指す。

※他の質問項目自治町会の課題

3ふるさと葛飾盆まつり

問 :来年度はさまざまな意見を踏まえより多くの方が参加できる開催日を決定すべきと思うが、区の見解を伺う。

答 :関係機関へのヒアリングなども踏まえ、今後実行委員会で慎重に審議し、日程を調整していく。

問 :盆踊りコンテスト参加者の募集方法は地域の意見を聞き、見直すことが必要ではないか、区の見解を伺う

答 :連合町会の各地区に上限を設定したが、人選に苦労したといった話を伺った。いただいた意見を踏まえ、募集方法も含めて十分に検討する。

※他の質問項目天候急変の中止決定

5寅さんサミット

問 :再来年は第1作の公開から50周年の節目の年である。50周年に向けた展望をどのように描いているか、また、さらなる交流を深めていくためにも3、4年に1回くらいは、映画のロケ地の自治体で開催してはどうか。

答 :ロケ地となった自治体で、ミニ寅さんサミットのようなイベントの開催などを検討し、本区および全国のロケ地のPRと活性化に寄与できる方法の実現を目指し、大きな節目となる2019年を盛り上げる。

※他の質問項目昨年の成果と課題など

5障害者施策推進計画

問 :利用計画を作成する相談支援事業所の現状および事業所に対する区の支援について伺う

答 :利用計画を作成する事業所数は増えているが、相談支援給付費収入のみでは作成数の増加は難しいため、運営費助成制度で作成を促進していく。

問 :地域の相談支援拠点として総合的な相談業務を行う体制を整えるべきと考えるが、区の見解を伺う。

答 :基幹相談支援センターの機能を持つ相談支援体制の整備について、既存の体制の見直しも含めて検討する。

※他の質問項目相談支援専門員および事業所の質の向上への取り組み

9大規模水害

問 :大規模水害時の避難方法を伺う。

答 :今後、広域避難推進協議会で洪水ハザードマップと広域避難行動計画を作成する。これらを活用して区民がどの地域へどのように避難すればいいのか理解できるようにして、大規模水害からの逃げ遅れゼロを目指す。

※他の質問項目区民への対策

10周辺有事に対する区の対応

問 :ミサイルの注意喚起や警戒啓発について、区ホームページは工夫の余地があると考えるが、区の見解を伺う。

答 :記載内容について、図表等を用いてできるだけ1ページで表現するなど、わかりやすい内容となるよう努める。

※他の質問項目ミサイル飛来や着弾の場合の区の対応





自由民主党 葛飾区議会 自由民主党議員団
〒124-0012 東京都葛飾区立石 5-13-1
電話番号 : 03-3695-1111(内線)2812
Eメール : info@jimin.katsushika.tokyo.jp