http://www.jimin.katsushika.tokyo.jp
区議会報告
  1. Home
  2. 区議会報告記事 一覧
  3. 平成28年第4回定例会報告
  4. 自民党議員団によ一般質問の要旨
平成27年定例会報告

平成28年第4回定例会での 自民党議員団メンバーによる質問

秋元とよえ:こち亀を活用したまちの活性化東京2020へ綺麗なまちを

1公共施設等総合管理計画

問 :公共施設をどのような考え方で、どのように活用するのか考えを伺う。

答 :公共施設は区民の貴重な財産であり、区の重要な経営資源として既定の枠に捉われず最大限活用するため、その使われ方を日々チェックし、十分に使い切る意識で取り組む。また、区民のため必要なサービスを見極め、近隣の公共施設の状況や機能を勘案しながら効果的・効率的に活用する。

※他の質問項目 施設の管理のあり方

2放課後子ども総合プラン

問 :夏季一時学童保育の試行実施などを踏まえ、「放課後子ども総合プラン」をどのように進めていくのか伺う。

答 :学童保育クラブとわくわくチャレンジ広場の一体的・連携実施により、すべての児童が一緒にプログラムに参加できるよう小学校4校で取り組みを進めている。今後は、活動場所の共有化などを各校で推進する。

※他の質問項目 地域住民との協働

3観光施策

問 :40年間続いた漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」、通称「こち亀」の連載が終了した。今後どのように活用していくのか区の考えを伺う。

答 :こち亀は本区ゆかりのキャラクターとして観光施策推進に重要な役割を担っている。さまざまな形でこち亀を活用した事業を実施しており、今後も亀有地域の活性化に取り組み、こち亀を活かした観光事業を進める。

※他の質問項目 回遊性のある事業展開 など

4木造密集地域のまちづくり

問 :不燃化特区に指定された木造密集地域の新耐震基準による建築物助成制度を創設し、不燃領域率の一層の向上を図るべきと考えるがどうか。

答 :既存の建て替え助成の適用がない新耐震基準による防火構造住宅への助成制度の創設を検討し、不燃化特区内の不燃領域率の向上を加速させる。

※指定外の木造密集地域への耐震助成制度の拡充など

5地域の安全対策としての防犯カメラの設置

問 :通学路の危険箇所などへの防犯カメラの設置について、区の考えを伺う。

答 :地域や学校などによる見守り活動を補完し、子供への犯罪抑止を強化するため、都の補助金制度を活用し通学路に防犯カメラの設置を進める。

※他の質問項目 公共施設への設置

5まちを綺麗にしていくための環境施策

問 :公共空間を美しくするため、花いっぱいのまちづくりを担う団体への支援を充実させてはどうか。

答 :区専用ホームページなどで団体の活動内容を紹介するとともに、花の種などの緑化材料の無償配布をしてきた。また、かつしか花いっぱいの花壇コンクールを実施し、花いっぱいのまちづくりを広くPRしており、今後も充実・発展するよう取り組む。

※他の質問項目 ごみ屋敷など

6まちの美化

問 :オリンピック・パラリンピックを見据え、道路や公園での喫煙を禁止すべきと思うが、区の考えを伺う。

答 :23区中19区がエリア指定などの形で路上喫煙を禁止している。東京全体で清潔なまちを構築できるよう、道路や公園で喫煙を禁止する条例改正を進める。

※他の質問項目 喫煙者や関係事業者の理解と協力を得る取り組みなど

6東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けての取り組み

問 :障害者のスポーツへの参加意欲を盛り上げ、継続してスポーツに取り組むことができるきっかけづくりなどが重要だが、区の取り組みを伺う。

答 :夏の水泳教室やボッチャを取り入れたスポーツ教室など、障害者やその保護者とともにスポーツを通した健康づくりに取り組んだ。今後は障害のある方とない方が一緒にスポーツに参加できる環境づくりに取り組む。

※他の質問項目 体育施設における障害者対応など

6障害者の通所施設

問 :よつぎ療育園とウェルピアかつしか以外に、医療ケアを必要とする障害者の通所施設を区内に整備する必要があると考えるが、区の見解を伺う。

答 :よつぎ療育園とウェルピアかつしかの受け入れは限界に近づきつつある。通所施設の整備については来年度葛飾区障害者施策推進計画などを策定するに当たって設置する計画(案)策定委員会の場において検討する。

※他の質問項目 特別支援学校高等部卒業生の卒後対策など

6聴覚障害者の意思疎通支援

問 :コミュニケーションを支援する手話通訳者の確保の取り組みを伺う。

答 :本区が実施する手話通訳者を養成する手話講習会に、聴覚障害者を研修助手として配置した。手話講習会の内容を充実させて、手話通訳者を安定的に確保していく。

※他の質問項目 集団補聴システム貸し出し拡大のための情報提供

6教育

問 :他自治体から高い評価を受ける若手教員の育成体制の維持について伺う。

答 :今後若手育成体制の充実に向けて、若手教員を指導する教育経験豊かな元教員を区の非常勤教員として採用し、充実していく。

※他の質問項目 「特別の教科道徳」への対応





自由民主党 葛飾区議会 自由民主党議員団
〒124-0012 東京都葛飾区立石 5-13-1
電話番号 : 03-3695-1111(内線)2812
Eメール : info@jimin.katsushika.tokyo.jp