http://www.jimin.katsushika.tokyo.jp
区議会報告
  1. Home
  2. 区議会報告記事 一覧
  3. 平成28年第2回定例会報告
  4. 自民党議員団によ一般質問の要旨
平成27年定例会報告

平成28年第2回定例会での 自民党議員団メンバーによる質問

米川 大二郎:災害に対する備えの徹底と賑わいあるまちづくりを

1災害に対する備え

問 : 今後の防災・減災対策について、区長の決意と見解を伺う。

答 : 熊本地震では、新耐震基準の住宅にも被害があった。国や専門機関の有益な知見を取り入れ、災害に強いまちづくりの実現に全力を尽くす。

問 : 建築物の耐震化目標の早期達成に向けて、助成制度の拡充も必要と考えるが区長の見解を伺う。

答 : 本区の耐震化助成は23区の中でもトップクラスの水準にある。今後の助成制度は、件数の推移などを注視し、研究していく。

問 : 不燃化特区内における不燃建築物への建て替えを促進するため、新耐震基準の建築物に対する助成も検討するべきと考えるが、区の見解を伺う。

答 : 地域特性を勘案しながら、助成制度も含めた不燃化建て替えの促進策を検討し、不燃化特区の目標である不燃領域率70%を目指す。

問 : 地震発生後の通電火災による延焼防止のため、感震ブレーカー設置に対する助成制度なども検討すべきと考えるが、区の見解を伺う。

答 : 地域特性や他の自治体の状況を勘案し、方向性を示す。

問 : 避難所である校舎、体育館の非構造部材の安全対策の進捗を伺う。また、安全対策が完了した場所も定期的に点検すべきと考えるが、見解を伺う。

答 : 災害発生時に特に危険な外壁の改修を進めており、平成28年度で対策が必要な学校すべての改修が完了する。体育館の照明器具などの落下防止対策も平成29年度の完了を目指す。また、日々の日常点検も重要であり、教職員との連携を図り、非構造部材の安全性確保に努める。

※他の質問項目 防災意識啓発など

2障害者の一般就労

問 : 区内企業の障害者雇用を拡大する取り組みが必要と考えるが、区の考えを伺う。

答 : 就労移行支援施設と協働し、区内企業での企業実習から一般就労に結び付けられるよう働きかけを行う

問 : 先駆的に障害者雇用に取り組む企業が、区内に進出しやすい環境を整えることについて、区の考えを伺う。

答 : 障害者雇用に先駆的に取り組む企業の進出は、障害者の雇用先増加や区内企業の障害者雇用促進につながる。東京障害者職業センターや都内のハローワークから先駆的企業の紹介を受け、本区に進出しやすい環境や条件などの聞き取り調査を行う。

※他の質問項目 障害者の求人件数

3昼間人口を増やす取り組み

問 : 区の地理的優位性を生かしたまちづくりとシティーセールスで、企業の区内進出を促し、賑わいや区内の雇用創出につなげていくべきと考えるが、区の見解を伺う。

答 : 葛飾区人口ビジョンに示した取り組みの方向性に沿って、安全安心な住みよいまちづくりを推進する。さらに、区の魅力を情報発信することで、観光客や企業、ビジネス客を誘導し、賑わいや雇用創出につながるまちづくりを進める。

※他の質問項目 広域誘客施設の誘致や整備

4高齢者の相談体制問

問 : 高齢者総合相談センターの相談体制を強化し、より一層利用しやすくするための取り組みについて、区の考えを伺う。

答 : センターの所在地については、広報かつしかやホームページなどで周知に努めている。今後は、地域のイベントなどで高齢者総合相談センターの業務と所在地をPRする。今後とも、相談体制の強化に努め、利用しやすい施設になるよう取り組む。

5待機児童対策

問 : 待機児童数を区はどのように分析しているのか、区の考えを伺う。

答 : 認可保育所、小規模保育などの整備を進めた結果、需要の急増に追いつきつつある状況だが、地域ごとの保育需要の偏在も考慮し、引き続き待機児童ゼロを目指す。

※他の質問項目 他自治体の事例検討

5都市農業の振興問

問 : 都市農業の役割と課題をどのように捉えているのか、区の考えを伺う。

答 : 農業従事者の高齢化や生産緑地の売却・宅地への転用が進んでいる。都市農業の継続には、生産緑地の指定基準面積の緩和や担い手の育成・確保など、具体的な対策が必要であると認識している。

※他の質問項目 都市農地の多面的な機能と活用

6ごみ集積所の美化及び適正管理

問 : ごみ集積所の美化及び適正管理のための取り組みについて、考えを伺う。

答 : ごみの不適正な排出が確認された場合、適正排出に向けた訪問指導を実施している。一層の美化推進のため、区民との対話・協働による課題解決の取り組みを推進する。また、駅前市街地を対象としたクリーンアップ収集作業の拡大により、集積所の美化を図る。

7(仮称)かつしか盆まつり

問 : 盆まつりの進捗状況や今後の進め方について、区の考えを伺う。

答 : 自治町会連合会と区が共催で行うもので、平成29年8月開催に向けた準備を進めている。盆踊りだけでなく、盆踊りコンテストやコンサートなどのプログラムも取り入れ、区を代表する一大イベントとなるよう工夫を凝らしていく。

※他の質問項目 : 盆まつりを盛り上げる方法





自由民主党 葛飾区議会 自由民主党議員団
〒124-0012 東京都葛飾区立石 5-13-1
電話番号 : 03-3695-1111(内線)2812
Eメール : info@jimin.katsushika.tokyo.jp