http://www.jimin.katsushika.tokyo.jp
区議会報告
  1. Home
  2. 区議会報告記事 一覧
  3. 平成25年第3回定例会報告
  4. 自民党議員団による代表質問・一般質問の要旨
平成25年定例会報告

平成25年第2回定例会での 自民党議員団メンバーによる一般質問

秋家 聡明:自然災害対策の見直しとさらなる検討を

1ゲリラ豪雨等自然災害への対策

問 : 台風の大型化、ゲリラ豪雨の多発など水害対策の充実が欠かせないと考えるが、排水設備を含めた区の取り組み状況、今後の方針はどうなっているのか。

答 : 毎年水防連絡会を開催し、注意を要する箇所を指定し、台風や集中豪雨の際には重点的に巡視や点検を行っている。また消防署・消防団との合同水防演習を実施し、水防技術の継承や連携の向上を図っている。今後もハード・ソフトの両面からより水害に強いまちとなるように取り組む。

問 : これまでの基準をはるかに超える現象に対して特別警報が発表できることとなったが、発せられる基準や区としての周知方法はどのように考えているのか。

答 : 地震特別警報は震度6弱以上が予想される場合、津波特別警報は3mを上回る場合、火山噴火特別警報はこれまでの噴火警報のうち、居住地域に重大な被害を及ぼす噴火が予想されるレベル4または5の場合と示されている。それ以外については具体的な数字は示されておらず過去の災害事象に照らして判断される。発令された場合、公式ホームページや安全・安心情報メール、防災行政無線、ツイッター、フェイスブック、かつしかエフエムなどを通じ、直ちに区民へ周知するとともに、必要な態勢を取り対応したいと考えている。
※他の質問項目 水害用ボートの訓練や活用など

3子育て支援策

問 :平成27年4月から本格実施が見込まれる新たな子ども・子育て支援制度を受け、今後、本区の子育て支援施策をどのように展開していくのか。

答 :子育て支援に関するニーズ調査を実施し平成27年度から5年間を計画期間とする子ども・子育て支援事業計画を策定していく。また、幼児期の学校教育・保育の総合的な推進を図り、待機児童ゼロを目指すなど、区民の様々なニーズに対応できる子育て支援事業の展開を図っていく。

問 : 子育て環境の充実を目指し策定が進められる子ども・子育て支援事業計画について、計画の柱となるものはどのようなものと考えているのか。

答 :待機児童の解消や質の高い教育・保育の提供、地域の実情に応じた子育て支援事業の展開など、子育て支援に係る需給計画を柱とした計画になる。母子の健康推進や児童虐待防止、児童の発達支援など、親と子の心身の健康と子どもの発育を支援していくため、現在の子育て支援行動計画に掲げている事業を発展させ、子ども・子育て支援事業計画の中に取り入れていきたいと考えている。
※他の質問項目 待機児童解消加速化プラン など

4教育施策

問 : 教師や子どもたちに自信と誇りをもたせるために、具体的にどのように取り組んでいこうと考えているのか。

答 : 子どもがもてる能力やがんばりを学校、教師が認め、区も表彰等で認め励ます機会を増やしていく。また教師の職層やニーズに合った研修や校内での切磋琢磨により指導力向上を図り、優秀な教員を表彰していく。協働という視点からも、家庭や地域とも積極的に連携して進めていく考えである。

問 : 教師の授業力の向上や校長の裁量権の拡大などにおける教育委員会が担うべき役割について、具体的にどのように取り組んでいくのか。

答 : 教師の授業力の向上をはかるため、若手教師塾をはじめとした教員研修について、経験や能力、職層に応じた内容の充実に取り組む。校長の裁量権の拡大については、各学校の実態に応じた取り組みを強力に支援するため、校長が策定した学力向上プランなどに対して教育委員会が予算的な支援を行う「 飾学力伸び伸びプラン」を充実させる。そして成果が上がった事例を区内全校に広めていく。
※他の質問項目確かな学力定着度調査 など

4かつしかの元気食堂

問 : 「かつしかの元気食堂」事業の現在の進捗状況はどうなっているのか。

答 : 今年6月に栄養専門の大学の識者、飲食店の関係者や外食利用者を委員としてガイドライン策定検討会を設置した。今年度中に「かつしかの元気食堂」に認定する店舗の条件を定めるための検討を行っている。
※他の質問項目 実際に利用されるための工夫

4葛飾の観光施策

問 : 新たなキャプテン翼のキャラクターモニュメント設置をPRするためにどのような方策を考えているのか。

答 : 今定例会に提案している補正予算で新たなモニュメントの設置経費のほか、京成線主要駅へのPR用ポスターの掲出、銅像巡りが楽しめるマップの作成経費なども計上した。作者の高橋陽一先生のご協力をいただきながら継続的な情報発信を行い、マスコミに取り上げられ大きな話題となるようPRに努める。
※※他の質問項目フードフェスタ など


自由民主党 葛飾区議会 自由民主党議員団
〒124-0012 東京都葛飾区立石 5-13-1
電話番号 : 03-3695-1111(内線)2812
Eメール : info@jimin.katsushika.tokyo.jp